コメント::六十三

コメント::六十三

コメント

  • hekpe256 2006/10/02 11:23 換え可能な数値を含む数詞であり、特に取り上げて解説すべき個別固有の意味を持つ語ではなく「誤爆回避」以外に積極的な登録事由が見当たらない。またはてなダイアリー日記7月5日付記事においても「誤リンク防止を理由とした意味のないキーワードの登録」が避けるべき「編集ルールの煩雑化」の具体例として指摘されている。以上より削除提案。
  • izumino 2006/10/04 08:02 削除の必然性に繋がるガイドライン的な根拠、はてなのルールに準じた理由を完全に提示できるまで存続を希望します
  • hekpe256 2006/10/11 10:42 存続すべき根拠として挙げられる「誤爆回避効果」や「解説されるべき意味内容」等について逐一反論してもその都度機会主義的に論点が変えられ、挙句「納得しない限り完全な提示と認めない」如き客観を装った主観的宣言に立ち戻り議論が進展しない。削除提案を維持する。
  • izumino 2006/10/12 09:53 こちらが提示する多数の存続理由をすべて無視されるようですので戻します
  • hekpe256 2006/10/12 11:18 本キーワードが有する誤爆回避効果はきわめて小さく、また「〇十三グループ」による効果なるものは論者が「ある」と主張するばかりでなんの根拠も未だ示されていない。また「63が62の次で64の前の自然数」というばかりの「意味」がキーワードを立てるに値する「意味」にはあたらない。
  • izumino 2006/10/12 23:30 上記の内容にはガイドラインに準じた削除理由が見あたりません。誤爆回避のみがキーワードの存続理由ではなく、グループは十三の関連語として包括する意味があり、「意味にあたらない」という短絡的な結論ありきの主張こそ非論理的で無根拠です
  • hekpe256 2006/10/16 12:11 「十三の関連語」という主張はなんら説明も根拠も示されていない以上考慮すべきとは判断できない。
  • izumino 2006/10/16 13:02 再三の要望の末に削除理由が提示されない行為である上に、十三~五十三までのキーワードが存続している現状でこのキーワードが失われるのは不自然なので戻します(一週間後に七十三~百十三も同様に処理します)
  • hekpe256 2006/10/19 12:01 当方の提示する削除理由を一方的に無視し、また逐次提示される登録理由に対する反論にも応えず、ただ自身の編集行為に正統性があるかの如き通告のみがなされる。(2006/10/16 13:02)でも(削除が)「不自然」と言うが、なんら不自然と主張すべき根拠は提示されず、提示しない理由も不明である。ガイドラインに言及することで、ガイドラインに準じて削除提案を「却下」するかの如く偽装し、議論に応ずる姿勢がうかがえない。いかなる根拠をもってかかる片務性を当然のように主張できるのか当方の理解の外である。
  • izumino 2006/10/19 18:54 削除理由を整理して説明することを回避し続ける以上、説明する能力が無いと判断します
  • hekpe256 2006/10/24 08:40 再度繰り返す。当方の提示する削除理由を一方的に無視し、また逐次提示される登録理由に対する反論にも応えず、ただ自身の編集行為に正統性があるかの如き通告のみがなされる。当方の見解を留保するいかなる理由も見出しえない。
  • izumino 2006/10/24 13:59 「規則に則った削除理由の提案」という要望に何も応えられていません。一週間後に他の削除キーワードを同様に復帰させます。また、こちらの「意味」は「十三~五十三が登録されているなら六十三~百十三も登録されるべき」だけでも存続理由として成り立ちます。他にも誤爆回避の補助、漢数字として無意味な単語ではないこと、様々な存続理由を提案していますが、削除側の根拠ははてなダイアリーの記述を牽強付会した論理と「意味がない」以上となる根拠の提示を言い逃れ続けており、至って不誠実です
  • hekpe256 2006/10/26 08:45 当方はキーワードヘルプに記載されている「キーワード編集・削除時の責任」に従って意図説明および議論を行っている。猶いまだ「六十三~百十三」を「〇十三グループ」として一括して扱うことの説明は、当方の要望に拘わらず、されていないことを確認する。当方の意図は最初の削除時に説明した通りであり、提示された存続理由に対する反論として『本キーワードが有する誤爆回避効果はきわめて小さく、また「〇十三グループ」による効果なるものは論者が「ある」と主張するばかりでなんの根拠も未だ示されていない。また「63が62の次で64の前の自然数」というばかりの「意味」がキーワードを立てるに値する「意味」にはあたらない。 (2006/10/12 11:18)』という主張を維持する。貴君は「規則違反による削除以外は認めない」立場かもしれないが、削除を規則違反事例のみに制限する規定は規約ならびにヘルプ上どこにも記載がない。故に当方の削除理由を無視する根拠は未だ提示されていない。執拗に「規則に則った削除理由の提案」を要望し乍ら自身の編集行為においてはなんら根拠を示さずに強弁を繰り返す露骨なダブルスタンダードのどこに誠実さが備わっているのか、当方を不誠実と詰る前に再考すべきである。
  • izumino 2006/10/27 11:33 自己解釈で削除してよいという規定についても同様、一切記載がありません。まずそこから問い直し下さい。また、はてなダイアリー日記の自己解釈の誤りについては議論を待ちません。なお説得力があるというならば文章を組み立て直すことを勧めます
  • hekpe256 2006/10/31 08:41 # izumino「自己解釈で削除してよいという規定についても同様、一切記載がありません。」(2006/10/27 11:33)なる記述は「削除を規則違反事例のみに制限する規定は規約ならびにヘルプ上どこにも記載がない。」という指摘が正しいことを認めた事と受け止める。それはすなわち当方の削除理由を無視する根拠が未だ提示されていない事に他ならない。欺罔による編集行為に反対し、削除提案を維持する。
  • izumino 2006/10/31 14:55 自己解釈「しか」無いことこそが根拠が無いということです。なんの説明にもなってません。主観的理由を排除して下さい
  • izuguchi 2006/10/31 21:30 なんで六十三なんですか?六十二とか六十四などは登録されず六十三が登録されている理由はなんでしょうか?
  • hekpe256 2006/11/10 12:05 欺罔による編集行為に反対し、削除提案を維持する。付け加えるならばキーワード「七十三」等において議論を放棄し、削除後の再登録を繰り返しているのはid:izumino氏である。
  • izumino 2006/11/10 12:54 削除側の説明が十分でありません
  • izuguchi 2006/11/10 18:55 削除側の説明が十分で無いと言う根拠は?
  • hekpe256 2006/11/23 12:38 id:izumino氏はコメント(2006/10/27 11:33)にて当方の削除理由を無視する根拠を提示できないことを認めている。事実izuguchi氏からの問いかけを無視しており、更に付け加えるならばキーワード「七十三」等において議論を放棄し、削除後の再登録を繰り返している。キーワード編集者としての説明義務放棄の姿勢は明白である。欺罔による編集行為に反対し、削除提案を維持する。
  • izumino 2006/11/27 07:19 削除側の説明義務を果たしてからの議論を希望します。(未だに一種しか提示されていない)削除理由が牽強付会によるもので客観的根拠に乏しいこと、「意味」が複数存在するキーワードであることは既に主張済みです
  • hekpe256 2006/11/29 10:05 牽強付会等修辞を弄び、根拠の明かされない断定を連ねて議論を拒絶しているのは貴君である。所謂「誤爆回避効果」の乏しいことは具体的データと共に提示済である。また任意の自然数を答えとするような演算が複数存在することをもって複数の意味が存在するという類の主張は受け入れ難く、削除提案を維持する。
  • kanryo 2006/12/03 12:31 これはもう久しぶりの評議会開催にしましょうよ(笑)
  • izumino 2006/12/03 18:06 とりあえず削除理由が満たされていない以上、存続状態を維持させて頂きます
  • hekpe256 2006/12/06 10:06 当方の提示する削除理由を一方的に無視し、また逐次提示される登録理由に対する反論にも応えず、ただ自身の編集行為に正統性があるかの如き通告のみがなされる。議論に応ずる姿勢がうかがえず、いかなる独善をもってかかる片務性を当然のように主張できるのか理解の外である。削除提案を維持する。
  • izumino 2006/12/06 12:25 たとえば「誤爆回避効果が高くない」という理由では削除に値しません。そういった行為を引き起こすユーザーこそが「編集ルールの煩雑化」を引き起こすということは以前お伝えした筈です。過去の議論を無視し、必要な釈明を回避しているのはどちらでしょうか
  • hekpe256 2006/12/08 10:49 当方の論旨は一貫している。削除提案の本旨は「置換え可能な数値を含む数詞であり、特に取り上げて解説すべき個別固有の意味を持つ語ではなく「誤爆回避」以外に積極的な登録事由が見当たらない。」と繰り返している。「数値を含む」と書いたがこれは数値そのものである。任意の自然数を答えとするような演算が複数存在することは当然であり個別に固有の意味として解説すべきとは認め難い。id:izumino名義のアカウントで編集妨害を繰り返している御仁はizuguchi氏の六十三(2006/10/31 21:30)での質問にも決して答えようとしないが、本件キーワード登録の本旨が誤爆回避にあることは論を俟たない。明らかでない理由によって説明が拒絶されているが「○十三」なるグループを一群として扱う点からも「十三」の誤爆回避が意図されていることは明白である。誤爆回避効果の検証は誤爆回避キーワード登録判断の決定的な要素である。誤爆回避効果の低い誤爆回避キーワードに対し削除提案することはダイアリー市民の権利としてなんら責められるものではない。論旨の唐突な転換とキーワード削除再登録による履歴ロンダリングを繰り返し、削除反対の一に掲げた「誤爆回避」の論点からの撤退を糊塗しながら、一方で正当な議論を「編集ルールの煩雑化」に結びつける強引な議論で編集妨害を続けるのは直ちに止めるべきだ。
  • izumino 2006/12/08 13:06 どれも結論へと一足跳びになってますが、論理的説明ないし客観的に検証可能な根拠を希望します。>誤爆回避キーワード登録判断の決定的な要素である,ダイアリー市民の権利としてなんら責められるものではない
  • hekpe256 2006/12/11 09:46 その質問は、「当該キーワードは漢字表記された任意の自然数に過ぎず、特に取り上げて解説すべき個別固有の意味を持つ語ではなく「誤爆回避」以外に積極的な登録事由が見当たらない。」という命題を肯定した上で、「誤爆回避」の是非とその効果を問うものであるのか?評論ではなく当事者として議論するならば、まずその前提を明確にすべきである。議論の前提として同意できる共通認識が確認できなければ議論が成立しない。尚、質問後半部分は意味不明である。キーワード編集がダイアリー市民の権利であることに関してこの場においていかなる説明を求めるのか。
  • izumino 2006/12/17 01:01 13回にも渡る要請にも拘わらず、説明を放棄されているようなので再び同じ質問をくり返します
  • hekpe256 2006/12/20 10:12 当該キーワード存否に係る議論における「誤爆回避」の意味付けについて論点とすることを回避する説明がない。議論を放棄し、説明責任を果たせないなら編集を中止すべきだ。
  • izumino 2006/12/26 14:27 説明になっていません。「百十三」のものと併せて質問を繰り返します
  • hekpe256 2006/12/27 10:48 幾度も繰り返している当方の説明を一方的に無視して空疎な非難を弄し、当該キーワード存否に係る議論における「誤爆回避」の意味付けについて論点とすることを回避するばかりのコメントは議論の放棄であり編集の妨害に過ぎない。キーワードの削除予定へのカテゴリ変更も、削除予定を解除するカテゴリ変更も等しく編集行為であり説明責任を負うことにおいて等しく、なんら区別すべき根拠を確認できない。執拗な編集妨害に抗議し、削除提案を維持する。
  • izumino 2006/12/29 10:08 また、質問の回答になっていません。「幾度も繰り返している当方の説明」がもしあるのなら具体的に提示して下さい
  • n_kakka 2006/12/29 10:44 横レス失礼します。「理由を述べよ」「理由はさっき言った」の繰り返しで、堂々めぐりになってしまっているので、一度整理しなおしませんか? このままだと永久に解決しないと思います。
  • hekpe256 2007/01/12 10:52 建設的議論を期待してn_kakka氏の提案を元に以下整理する。▼「本キーワードは誤爆回避だけのために作られたのか」については肯定的。本キーワードは単なる任意の自然数であり、特に取り上げて解説すべき個別固有の意味を持つ語ではなく誘導先のwilipediaにも自身を解とする数式例が羅列されているのみである。「十三」を対象とした誤爆回避目的以外に登録する理由がない。▼「本キーワードを誤爆回避として登録する必要があるのか」については否定的。「十三」はキーワード統計グラフを参照しても日々10~20件の言及がある。(ここ一月の平均は13.2件/日)それに対し言及が平均して僅か2日に1件程度の回避専用語の登録は無意味。▼なお「六十三」「七十三」「八十三」「九十三」「百十三」の五件について一括して議論することについて、未だ議論当事者間の同意が成立していない。「議論」の成立に関して共有できる認識が確認できないこと、編集を伴わないコメントは単に放置される懸念が否定できないこと、以上により当該キーワードの存否に関わる議論を他のキーワードにおける議論で代替させる理由がない。以上より個別に削除提案を行う。
  • izumino 2007/01/12 11:48 議論として主観的主張(削除に値するラインが自己判断によるなど)に後退したもので、これ以降は客観性に結びつく要素を求めます。他者からの観点としてはhttp://d.hatena.ne.jp/n_kakka/comment?date=20061229#cも参照して下さい
  • izumino 2007/01/13 09:54 例えば、はてなダイアリー市民にとって、キーワード存続による「デメリット」と、削除することで生まれる「メリット」がそれぞれ何があるのか、客観的に説明してみて下さい
  • hekpe256 2007/01/16 10:23 n_kakka氏の提案を受けて議論を整理し、論点を個別キーワードの存否に絞った事を悪意で曲解するコメントにより、一切の建設的議論に協力する意思のないことを示したものと認識した。削除予定にあるキーワードのカテゴリーをサイエンス等に変更する行為も編集行為であり、説明義務が当然生じる。「主観的」「客観的」と独善的な基準を振り回しても、そもそも何を根拠にして持ち出した基準であるのか貴君は一切の説明が出来ない。かかる一方的な宣言は説明義務を果たしているとは認め難い。挙句に、自分の立場を補強すべく「気持ち悪い」「変なハナシ」と主観的感想へのリンクを示すに至っては語るに落ちると言うべきである。
  • izumino 2007/01/16 13:40 また順序を無視した編集行為です。議論の飛躍と認め、進展の無い編集を、「元の状態」に戻します
  • n_kakka 2007/01/18 23:13 izuminoさん、hekpe256さんが2007/01/12 10:52のコメントでなさったとの同様に、ご自分の主張を整理していただけないでしょうか。izuminoさんの考え方を正確につかむために、お手数おかけしますが、よろしくお願いします。
  • izumino 2007/01/18 23:36 削除サイドが提示する根拠に蓋然性が認められず、存続理由を否定できるものでもないため、ただ現状を維持している立場です。存続理由としてはキーワード作成ガイドラインの個々に抵触しないものであることを既に論じています
  • izumino 2007/01/19 13:48 加えて削除サイドは、キーワードに関するはてなダイアリー市民のメリットとデメリットに触れたことがなく、自らが定めた「基準」の主張だけを続けている状態です。また、はてなダイアリー日記の実際の記述と、ここでの結論に論理的な隔たりがあることについての議論も常に避けられています
  • hekpe256 2007/01/20 15:31 何の説明にもなっていない。削除に反対すると云う計りで削除判断の基準、当該キーワードの存在理由いずれに於いても一貫した説明が無く、思いつきのように付けられるコメントは当方の反論に対して主張を維持できていない。当該キーワードが単なる漢数字であり誤爆回避目的以外に登録根拠がないことは明らかであり、回避実績に乏しいことも明白である。理由のない編集結果を修正し削除提案を維持する
  • izumino 2007/01/20 16:47 前回までの主張と変化が無い以上、戻すことを妥当と考えます
  • izumino 2007/01/21 20:34 http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%83%bb%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%81%99%e3%82%8b?kid=198#wordforkeyword まずヘルプから。「意味不明な言葉」と「自分だけにしか意味が分からないような言葉」は登録しないよう推奨されています。このキーワードはどちらでもありません
  • izumino 2007/01/21 20:37 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%ad%a1%bc%a5%ef%a1%bc%a5%c9%ba%ee%c0%ae%a5%ac%a5%a4%a5%c9%a5%e9%a5%a4%a5%f3 次に作成ガイドラインから。「てなダイアリ」や「はてなダイアリーを」が意味不明で不適当とされていますが、これもどちらでもありません
  • izumino 2007/01/21 20:44 http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20060705#1152101200 更にはてなダイアリー日記から。この日の記述に「誤リンク防止を理由としたキーワード」を登録してはならないという文意は微塵も含まれておらず(http://d.hatena.ne.jp/n_kakka/20070117も参照)、また「意味のないキーワード」でもありません。よって、二重の意味で根拠を持たない編集行為とみなしています。以上ご了承下さい
  • hekpe256 2007/01/24 11:07 本キーワードコメント欄(2006/10/26 08:45)にて指摘した「削除を規則違反事例のみに制限する規定は規約ならびにヘルプ上どこにも記載がない。故に当方の削除理由を無視する根拠は未だ提示されていない。」点を再度指摘しておく。当方の指摘が上記記述に該当しない事は削除が根拠に欠ける事を意味しない。かかる結論に至る必要条件の欠如を「論理の飛躍」と謂う。当方の議論を無視し只管自己の主張を繰り返す計りで何の説明にもなっていない。理由のない編集結果を修正し削除提案を維持する。なおヘルプからリンクされている「はてなダイアリーガイド「キーワードの操作(編集や削除)」」には「意見が分かれたときの仕組み」が解説されている。
  • izumino 2007/01/24 14:08 その言葉は、これ以上説明が無いのなら「このキーワードは一切の規約やガイドラインにも反しない」ということを認めたものだと解釈します。そしていずれにせよ、一方の質問に対して答えようともせず、整合性を持たない根拠を建前にしていることには変わりませんので元に戻します。「キーワードの規約やガイドライン、はてなダイアリー日記の記述などとは関係性が無い」という前提を踏まえた上での削除理由の再構成を求めます
  • hekpe256 2007/01/29 10:29 結論に至る論理に飛躍があり削除に反対する理由の説明として不十分である旨を指摘した当方の議論を無視した編集行為は、正当化の余地のない編集妨害である。不当な編集結果を修正し削除提案を維持する。
  • izumino 2007/01/29 16:05 寄与の無い編集行為とみなします。良くログを読んでコメントして下さい
  • hekpe256 2007/02/01 10:44 何の説明にもなっていない。理由のない編集結果を修正し削除提案を維持する。
  • izumino 2007/02/01 12:31 2006/10/02 11:23にキーワード内容の変更を始めたのはあなたです。ルールに従い、まず自らの編集理由を明らかにしてください。今までに挙げられた根拠は、過去ログを参照すれば全て不明瞭なままであることがわかります。削除理由に相応の根拠をお持ちでしたら即座に理由を要約したコメントを残してください。それができないのならば無意味な編集の繰り返しであって、単なる迷惑行為と判断します
  • hekpe256 2007/02/02 12:00 当方が繰り返す説明を無視して根拠の無い削除と断じる貴君の言動を正当化しうるだけの説明がいまだなされていない。当キーワード1/21付けizumino名義のコメントが含む論理上の飛躍について指摘した当方の1/24付けコメントに有効な反論が得られない状態のまま議論が停止している。なぜヘルプに具体的な記載のない理由に基づく削除を根拠の無い削除と同視できるのかについてなんら説明の無いまま議論の前提とすることを拒否する。理由のない編集結果を修正し削除提案を維持する。
  • izumino 2007/02/02 14:35 その主張は「できていない」ではなく全ての過去ログ(特に2007/01/21 20:34以降)を具体的にひいた上で論証してください。でなければ中身の無い言葉だけで説得力を持ちません。ここまでの議論内容を全て無にするコメントだと判断し、編集を行います。
  • izumino 2007/02/04 19:23 優先順位が高い順に説明責任を繰り返し求めます。「キーワードの規約やガイドライン、はてなダイアリー日記の記述などとは関係性が無い」という前提を踏まえた上での削除理由を再構成して下さい。過去ログでは、「さもガイドラインその他と関係があるように繕った削除理由」しか述べられておらず、そこから議論を進めることはできません。また、その新たな削除理由が提示できた場合にしても、客観性および他者を説得しうる合理性も求めます。でなければやはり対等な議論にはなりえません
  • izumino 2007/02/04 19:32 2007/01/13 09:54に要求したような質問に対する回答が、未だ為されていないことが、一連の削除行為を「根拠の無い削除と同視できる」ことの根拠です。幾度も質問を無視し、対話をリセットさせ、フェアーな説明責任を回避し続けるのならば迷惑行為と変わりません
  • hekpe256 2007/02/07 11:19 要請に従い、詳述する。本キーワード(2007/01/24 14:08)付izumino名義のコメント第1文は、はてなのヘルプを限定的列挙主義と解釈しない限り削除反対の理由とはならない。しかしヘルプ「キーワードを作る・編集する」より直接リンクされているはてなダイアリーガイド「キーワードの操作(編集や削除)」には「ルール上どちらでも良いことを決めるのですから極端な話「私は必要だ」「私は必要でない」という理由でもOKです」と記載されており、列挙主義をとっているという解釈とは矛盾する。一方n_kakka氏の,、運営側は一般的なルール化を回避した上でルール上の空白部分をユーザー間の議論に委ねているという論(2007/1/17付ダイアリー参照)は合理的であり、ユーザー間のトラブルへの介入に消極的なはてなの運営姿勢とも整合する。先立つ(2007/01/24 11:07)付hekpe256名義のコメントで指摘した如く貴コメントは「削除を規則違反事例のみに制限する」根拠がないかぎり削除反対の理由としては不十分である。しかし、「いずれにせよ」なる接続詞で当方の一切の議論を無視した結論に結びつけて事足れりとしている。よって削除反対の根拠は未だ説明されたとは言えない。(2007/01/12 10:52)付コメントにて整理再提示した論点について有効な反論は提示されていない。
  • izumino 2007/02/07 14:39 「私は必要でない」「私は必要だ」 もしこれ以上の論拠が無いのなら議論は終了となるでしょうね
  • izumino 2007/02/08 00:50 回答が不十分だった為、再度質問します。「キーワードの規約やガイドライン、はてなダイアリー日記の記述などとは関係性が無い」という前提を踏まえた上での削除理由を再構成して下さい。それが「私は必要でない」を超えるものでなかった場合、議論を発展させる意思のないものと受け取ります
  • izumino 2007/02/13 17:51 またその中に、議論における判断基準となりうる「はてなダイアリー全体にとってのメリットとデメリット」の指摘が含まれていなかった場合、他者を説得しようとする際に必要な根拠に欠けるものと判断し、再度説明を求めることとします

編集履歴